ヘッディング 3

「造船古材を未来のために。」

持続可能な明日の一歩を、瀬戸内から。

瀬戸内に位置する今治は、日本を代表する造船の町。
世界を往来する船をつくるこの町では、これまでに日々、何千・何万トンという造船古材が廃棄、焼却処分されてきました。

私たちは、古材特有の風合いに魅力を活かし、古材に「瀬戸内造船家具」という新しい役割を与え、社会に流通させることで、「未来の地球環境」を守り循環型社会への貢献を目指します。

瀬戸内造船家具の商品は、iichi で販売しております。

​オーダーメイドでのご注文も承りますのでお気軽にお問合せください。

瀬戸内造船家具メンバー

造船会社(資材供給)、工務店・セレクトショップ(製造・販売)、企画会社(プロデュース)の3社がそれぞれの役割をもって運営しています。

造船古材のアップサイクルに関心のある工務店・家具職人、セレクトショップ等を運営する方からのお問合せは、オズマピーアール(担当:一ノ瀬)で承ります。

造船家具5−1420737.jpg

吉野聖|​Hijiri Yoshino

ConTenna

造船家具5−1420700.jpg

村上亜耶|Aya Murakami

ConTenna

%E9%80%A0%E8%88%B9%E5%AE%B6%E5%85%B7%EF%

村上賢司|Kenji Murakami

浅川造船株式会社

%E4%B8%80%E3%83%8E%E7%80%ACOZMA_edited.j

一ノ瀬寿人|Kazuto Ichinose

株式会社オズマピーアール